2010年10月アーカイブ

塔頂の内部塔頂の見学場所内部はこんな感じ!
けっこうな広さです。また背の低い方のため踏み台もいくつか設置してあります。
赤いヘルメットのガイドさんが足をかけている台は各班の記念撮影の時
ここから撮してくれます。


帰り際にも開きますさて見学もいよいよ時間となりました。
今から下山いや下塔します。スライド式の天井蓋が開きます。
またエレベーターで階下まで下りたのですが
エレベーター内でガイドさんが「本日は天候が悪い割りには
雨もなく良かったです。本当にありがとうございました」と
丁寧にご挨拶してくれました。


戻りは少し通路を変えて・・・戻りは少し通路を変えて東側の通路からプロムナードへ戻ります。


海上47メートルの丸木橋ここが海上47メートルの丸木橋。
大鳴門橋のガラス越しに見るさまと同じです。
当然、皆さん丸木橋を渡る人が多い!


最後に認定証をいただく見学後、橋の科学館2Fへ戻り、
塔頂の認定証や記念撮影した写真・DVDなどいただき無事帰途につきました。
◆実地日は平成22年4月1日から11月28日のうち
木・金・土・日及び祝日の1日2回
<午前の部>・受付 9:20~9:30 ・実施時間 9:30~12:10
<午後の部>・受付13:20~13:30 ・実施時間13:30~16:10
◆参加条件 中学生以上・自分で2㎞以上の歩行の出来る方
 高所及び閉所恐怖症で亡い方・飲酒していない方
◆参加料金 3000円/名(中学生は1500/名)
◆問い合わせ ブリッジワールド事務局


いただいた認定証やDVDなど

舞子明石側海面より289メートルの塔頂に着きました。
東京タワーに近い高さだ!天候は曇り!風が冷たい!
この塔頂部分は側壁の高さが150センチぐらいあるので近寄って頭を出す格好だ!

そして、真っ先に歩いてきた舞子・明石側を望む!
ンム!あの橋の基からやってきたのか...実感がジワッ!
高さは予想していたので前方を望むには怖さはなかった。。。

側壁にもたれて塔頂の側壁にもたれて舞子方面を望む参加の方
霞んでるがまたこんな日も良し!という感じ♪
ほんとは怖いながらも目の前にあるメインケーブルを
命綱つけて歩きたいのだがこれは無理のようでした。

真下を見たら・・・遠くを望むのは怖さはないが真下を見てみた!
その途端ゾゾーンとする高さに圧倒される!
確実にカメラはつながれているがなぜか落とすまいと身体が固くなる。
ひとつひとつの動作がぎこちない。

通行中の車の小ささとか潮の流れも速いなぁ~と
平常心に戻るのに何分かかかった。。。

舞子側全景塔頂の真ん中から舞子側を!
目を戻してもヤッパリ高いわぁ~

淡路側を望む反対側の淡路島方面を望む!
岩屋の先端が見える。
大きな汽船も頻繁に往来している。

しかししかし...ヤッパリこのメインケーブルを下っていきたい気分!
さぞかし英雄気分になれるだろう♪

こっちも目線を落とすと・・・こっち側も目線を落とすとハンガーロープが直線的に下ろされている。
このハンガーロープの長さで高さもよくわかると思う。
この明石海峡大橋からの画像はクリックで大きく保存しているので
迫力がちょっとわかると思いますが・・・。(^_^;)

船が小さい!車も小さい!その分訳もなく自分が大きくなった感じになるのが不思議だ!
山と同じで見下ろすと言うことはおおらかになるのか!?

主塔塔頂真ん中から淡路島方面こちら淡路島側も塔頂の真ん中から撮ってみた。
慣れてきたせいか気分がよい♪曇っていたがそんなの関係ねぇ~
いやそれより!もっと下で霧とか雲とかが舞って高速道路が見えないぐらいの
神秘的な時に来たいものだと案内の人に言ったら
なんと!そんな光景の時のデジカメの画像を見せてくれた。
おっ!こりゃ凄い!また来たいです!と言ったらニコニコしていました。

それにしても船舶の行き来が凄い!それにしても船舶の行き来が凄い!
高速道路の車の流れは小さくて意識的にあまり気がつかない!
大きな船が来て初めて動いているという感覚だ!

 阿波親父は一人でツアーに参加しましたところでこのツアーに阿波親父は一人で参加しました。
塔頂では2班の集合写真を案内の方が撮ってくれます。
そして帰り際にいただけます。

さて、ここで外の景色はご紹介しましたが
一体全体この塔頂の横の部分(見学する場所)はどうなっているのでしょうか?
興味津々!と思いますが、またまたもったいなぶって明日にいたします。アハ!

橋の科学館2Fで概要説明橋の科学館では早めに到着したのでまだ参加者があまり来ていませんでした。
ここで席も決められていて誓約書をに署名。
・ブルーのヘルメット ・案内を聞くトランシーバー ・多機能なベスト
必要な方はネックストラップやミニリュックも貸してくれます。


ビデオを見る概要の説明を受けた後、ビデオでこの大橋の歴史を見る。


橋梁技術の説明橋梁技術の説明を展示された模型や写真で受ける。
もちろんどこでいても耳元のトランシーバーのイヤホンで聞くことが出来る。


いざ!明石海峡大橋に出発舞子海上プロムナードを通っていよいよ大橋の管理道路へ!
もちろん高速道路の真下です。


明石海峡大橋の真下からこの上を明石側の主塔まで歩く。
およそ道のりは1キロほどとか。。。


いよいよ格子状の歩道を進むいよいよ格子状の管理路を進む!足下は海!スカスカによく見える(^_^;)
天候も悪かったので風も冷たかった。。。


メチャクチャ遠い
橋桁内の管理路から前方(淡路側)を見るとまっすぐ直線的に!
そしてこの管理路の幅の広いこと!
通行の車の走行音がガンガンに聞こえてきます。
言っておきますがこの床は先ほどの説明どうりすべて格子状。
下からの風も受けるし波の立つのも船が通るのもよく見える!


管理路を進む参加者は3班に分かれているがこの管理路は全員で一緒に渡る。
たくさんの参加者だ!40人ほどいるだろうか?
ブルーのヘルメットの前と後ろに色分けした丸のシールが貼られている。
ちなみに私は2班で黄色のシール!この班によって団体行動をする。
若い女性の方も数名いました。
皆さんスナップ写真や景色を撮りながら明石側の主塔まで進みました。
赤いヘルメットやイエローのベストの方はブリッジワールドの案内人の皆さん
3名が同行してくれます。


主塔の中へいよいよ主塔の中へ入る!
ここを入ると入り組んでいて順路が表示されているが
エレベーターまで行くのに右に曲がったり左に曲がったり。
迷子になる方もいるとか!(^^;)


エレベーター内2班の順番が来たので15名乗りのエレベーターで頂上まで上昇。
2分ぐらいかかったかな?途中の階にもたくさん止まれるようでした。
主塔の形のエレベーター案内板があり今どの当たりかわかるようだ。


いよいよ頂上に!エレベーターが最上階に着いた。
この階段が設置された天井が開くとそこは主塔でいうとH型の横の部分だ!
ブリッジワールドはこの横の部分から下を見下ろすことになる。
そしてボタンが押された。静かな音で開き始めた。。。いよいよだ!

明石海峡大橋 ブリッジワールド参加以前にエントリーしてあった
「明石海峡大橋ブリッジワールド」の申し込みで本日決行日に相成りました。。。
昨日の飲み会後、徳島市内のホテルで泊まり
予約7時30分の高速バスで徳島駅-舞子へ先を急いだ!

天候はあいにくの雨...この阿波親父は雨にも負けない性格で
「晴れ男」の勲章をもらえるぐらいの親父ですが。。。それでも雨!^^;

そして!
徳島駅で待ってる最中にブリッジワールドのスタッフの方からケータイに電話がかかる★
「天候悪いのですがどうされます?」
「そりゃおまはん!行くといったら雨降っても行きます!」
「お待ち申し上げます。ただ本当にこれから天候が悪くなれば中止でもご容赦ください」
と言うんで!「アカンでも行きます!」でチョン♪!
さすがです!しっかりお客様の心情を電話で把握していました。

さて、そんな中、無事に舞子着!この時間で朝の8時50分前後と思う。
小雨の中、バス停から4階まで階段そしてチョイ時間稼ぎに
この付近を散策後、受付の「橋の科学館」へ!
時間的には余裕でその会場に入っていった。。。

剣山頂上ライブカメラ今日の剣山ライブカメラを見ると霧氷だ。
登山者も寒そうだが雲海も見えるしひょっとすると晴天よりよかったのかもわからない。
11月初旬にもう一度登る予定だがこの調子でいくと
紅葉どころか冬山登山や雪山登山になりかねない!
そうなったら勇気を持って行くのはやめると決めている。
さてその当日は穏やかであって欲しいものだ。。。

剣山ライブカメラ

Canon s95単焦点ではコストパフォーマンスで超画質が良かったリコーGR-D2を使って半年
不慮の事故?でレンズのコーティングが剥がれあえなく戦線離脱!
そこで素人でもきれいで暗い環境でもしっかり撮れるCanon PowerShot S90を
勧められその自然の色合いやレンズの明るさで一目惚れ!

使って半年目の夏、レンズを伸ばしたまま手元からの落下事故!
その時すぐに不具合を確認したが正常と思った!...が★!
なんと!ズームアップでの焦点誤差が生じて画像はすべてボケる。。。
そこで広角のまま撮ることでこのカメラの生命線と信頼性を維持してきたのだが
人間って言うのはワガママでやっぱり完璧を求めたく...じっと新機種を吟味していた。
そんなこんなの中、カメラのキタムラで6000ポイントが貯まっていた。

S95にチェンジしました!使ってみてわかるのだが感性のチューニングバッチリ!


衝動的にゲット!お安く買い換えできました。。。
これで日常や登山でのスナップはなおさら楽しくなった!

22年度産ゆこう今年の「ゆこう」が入荷しました。
ゆこうって何?・・・知らない方のためにご紹介。
スダチのような使い方をします。
え!スダチって何?・・・そうかスダチもあまり知らないンだぁ~
スダチの使い方!

そして今回の(^。^ゞ 阿波親父のクイズ☆えらいやっちゃ
では、超簡単なスダチの切り方を出題しましたが
解答やコメントの中には知らない方がたくさんいて唖然!
そうか...こちらではわかってるつもりでも知らないンだぁ~

トレーニング曇天だ...降る前にヤッパリ行こうか...と言うことでいざ決行!
今日も鶴林寺往復トレーニング!今回は会社から歩いて登り
本堂と大師堂で読経後すぐターンして
同じ遍路道を戻ってきたらちょうどお昼に!
09:23 12:03 8.9 km 02:11 15,642 歩 511 kcal

少しパラついてきたので生名のサンクスまで迎えに来てもらって
昼食は会社でいただいた。
今日はあの多機能の腕時計も持参して誤差を確認してみた。
けっこう正確なような感じだ。。。

さて予定では26日に山犬嶽。
そして11/3は雲早山から高丸山への縦走が待っている。
11/9にはまたもや剣山から一の森へ紅葉を見に行く予定。
秋本番を満喫したいと思っています。

8丁付近にて

週刊アスキー今日は週刊アスキー11/2号に
当店のちびっ子鳴門金時さつまいも「里むすめ」が掲載されている。

秋を堪能するお取り寄せ36
日本全国の秋の味覚を探そう 届いたら即食べたい!秋の絶品
新鮮な秋鮭から極上のスイーツ、取れたての新米まで
日本全国から取り寄せた旬のグルメを選りすぐって大紹介!

味の秘密は鳴門の砂
鳴門海峡のミネラル満点な海砂をふくんだ砂だけの畑で収穫
黄金色の中身は栄養に富み焼いてよし、蒸かしてよし!
鳴門金時さつまいも「里むすめ」

モダンタイムズ 鍋特集に今年のモダンタイムスにも当店のスダチが紹介されてます。
掲載された11月号 Gocli(ゴクリ)

モダンタイムスは、姫路、加古川、高砂、大阪のイオングループや、
カワベ・イトーヨーカ堂などのショッピングセンター、
コンビ二・ガソリンスタンド・書店・その他各施設・店舗に設置している、
毎月20日発行のフリーペーパーです。

一部地域で同梱されている「Gocli」は、
全国各地のおすすめ名所・レジャー情報なども掲載しており、
姫路のタウン情報をはじめ、観光地の情報検索にも便利です!!

フォトブックカメラのキタムラでフォトブックの割引券があったので
昔から撮った空の写真をアルバムにしてみた。

ソニーサイバーショットDSC-S75/カシオEX-Z1000
リコーGR DIGITAL2/キャノンPowerShot S90と
コンデジばかり(^_^;) の中から選んだ20画像
画像の選定にちょっと迷ったがとりあえず前半ものと言うことで
出来るだけ以前の画像を中心に集めてみた。
良し悪しは他人の判断だがそれこそ生きた証の
メモリーブックとして燃やされるまでは保存しておきたい。。。

世界初!!多機能電子コンパス付きマルチ腕時計このところ山に登って方角や高度を見たりするのだが
いままでiPhoneのAPPで調べていた。
しかしすぐ電池が上がったり圏外になってもうひとつ調子が良くなかった。

そこで腕時計をネットで調べてみたのだがどれも高級で高い!
そんな中見つけたのがこれ!
世界初!!多機能電子コンパス付きマルチ腕時計 コンパスマスター2
電子コンパス、気圧計、高度計、温度計、気象予測内蔵

アウトドアスポーツが人気のスイス製の高精度センサーを使用していますので
とっても精度も高く、精巧にできています。
コンパス、高度計、温度計、気圧計、気圧偏差による気象予報など
アウトドアにとっても便利な総合機能を内蔵しています。
そしてなんと価格がセール価格:9,950円(税込)

買っては見たが着くまで半信半疑!またパチモンを買ってしまったか。。。
ちょっと後悔しながら届いた商品を開封

複雑そうだが多機能だ。ただ覚えるまでに時間がかかりそう
そして正確なのかどうかわからん?
出荷時からの時刻もちょうど1時間ずれてたし・・・
ということで設定しかけたがハタ!ここで気がついた!
老眼鏡で見なければこんな小さい文字は見えん!
登ってる最中に見る度、老眼鏡を先につけなければいけないとは・・・トホホ 

秋の夕暮れは夕焼け空今日の秋!夕暮れは夕焼け空...
今日もお疲れ様でした。。。
明日が楽しみになるよう頑張りましたか?

生名-20番 鶴林寺-棚野-土手沿い昼過ぎに夕方まで時間が空いたのでそれならと
いつもの20番 鶴林寺遍路道へ
今回はこの前登った棚野側へ下山
勝浦川土手沿いを夕陽を背に戻ってきました。
14:23 18:05 10.6 km 02:38 18,675 歩 616 kcal
今回は四国のみち 鶴林寺へのお遍路道を画像でご紹介します。

水呑大社前の休憩場

唯一登り道で最後に見える勝浦町

遍路道の目印は至る所に!迷わない。。。

随所に休憩場所がある。

貴重な道しるべ 石碑

遍路転がしの坂道がまだまだ続く

所々にある励ましのお言葉

尾根を歩く八丁

ここまで来ると大井・水井町が眼下に見える一番の休憩場

この八丁過ぎの休憩所を越すとあとひとがんばりで20番 鶴林寺だ!

山門に到着

ここで一礼して本堂へ進む

心洗われる・・・

一番に本堂へ

地元では通称「つるさん」

下山は棚野地区の遍路道に・・・

こちらの遍路道は枯れ葉が多く自然な坂の遍路道です。

横瀬橋を横切り勝浦川を土手沿いに下流へ・・・夕焼けの頃帰宅しました。

うろこ雲今朝から昼にかけて鱗雲が大量発生!
あんまり関係はないが・・・
ブルーハーツの青空を口ずさんでしまった。。。

おやつカルパスこのところビールのつまみに乏しい...
こんな小さなおやつカルパス!
それではこのカルパスとサラミはどこが違うのだろう?
ググってみた。。。

サラミ
サラミスが発祥の地といわれるドライソーセージの代表的なものです。
広く世界中で作られています。
カルパス
豚肉・牛肉を黒こしょうやガーリックを加えて乾燥し、
ボイルしたセミドライソーセージの一種。
もともとはスラブ系の言葉でソーセージという意味だそうです。

野菜高騰中このところ野菜が高騰中である。
鍋シーズンに野菜が少ないと言うことは大打撃だ!
スーパー店頭では訳ありの変形や傷がある野菜まで並びかけた。
変わりに松茸が大豊作で半値らしい。。。
こんな野菜スティックに松茸をも入れたらどうだろう?...
って、そのままは食べられんし・・・
いやはや天候異変は食にもいろんな影響を与えているようだ。

徳島流

| コメント(0) | トラックバック(0)

徳島流えっとぶりに鳴帆渡で会食。いつものお刺身盛り合わせ♪
長い長い器に盛りつけてある。
その中央には特産のスダチ!そう真ん中にドデーンとある!
これが徳島流(とくしまりゅう)である。

踊る阿呆に見る阿呆藍場浜公園のこの石碑は踊る阿呆に♪見る阿呆♪
阿波踊りの名文句ですね。
そして踊らな損々の横のお鯉とはお鯉さんのこと。

阿波よしこのの名手お鯉さん=本名・多田小餘綾(こゆるぎ)
そのお鯉さんが書いたよしこのの一節を青石に刻んだ碑です。

あわぎんホールへ第65回徳島県美術展 第1期 日本画・洋画・写真・彫刻・美術工芸・デザイン
を見にあわぎんホール(徳島県郷土文化会館)に!ひさしぶりです。。。
この美術展に出展している知人が美術工芸で奨励賞をもらっているからだ♪


第65回徳島県美術展
会場内は見学者がいっぱい
写真の部でこれまた知人の方が準特選♪でした見学中に写真の部でこれまた知人の方が準特選♪でした。
そう言えばこのホタルの乱舞は2ヶ月ぐらい前に拝見した一点だろう!
「おめでとうございます」さっそくケータイから祝辞♪


美術工芸 知人の奨励賞を撮すそもそも見に行った奨励賞の作品。おめでとうございます。

中津峰登山前に星の岩屋で記念撮影
今日は相棒と中津峰山登頂にいつもの星の岩屋から出発!
ちょうど檀家さん達が草刈りの真っ最中でその合間に撮してくれました。
本当にご苦労さんです。大変な作業です。。。

その作業の中、一路!山頂を目指し黙々と登る!
と思うのがそうではない!世間のことや

身体のこと・嫁はんのこと
そしてたわいもない幼なじみでしかわからん戯言(たわごと)などを
話ながらそして休みながらやっとフライトパークまで到達。。。

フライトパーク到着!で記念撮影本日2回目の記念撮影!このフライトパークは練習場で
本番のフライトはこのもう一段高いところにあります。
とりあえずここまで来た撮影でパシャ☆
この後、中津峰山頂を目指して昼食はこのフライトパークまで戻って
楽しもうと計画していたので一気に山頂へ!


中津峰山頂で記念撮影中津峰山頂でいつもの記念撮影
お互いにここは車や登山でいつも来ている!しかし毎回新鮮でグッドです。


西の山並みをバックに阿波親父!なぜ西方面を撮ったかというと、いつも行ってる高丸山があるからだ!
中央右よりの小高いとんがった一番高いのが高丸山。


フライトパークから我が町を!パラグライダーのフライトステージから我が町勝浦町を撮す!
しかし、我が家も会社も手前の山に邪魔されて見えない!
なので良かったような悪かったような・・・。


コスモスススキとコスモス...


癒しはこんな場面から・・・しみじみ感動中の阿波親父...ええなぁ~♪ ホンマ! エエナァ~♪



万歳 ♪ ではないのです感動のイェイ!なのです。。。万歳 ♪ ではないのです感動のイェ~~~~~ィ なのです。。。

日の暮れの野焼き夕方のウォーキング中に野焼きの場面に出会した。
けっこうこの
雰囲気は田舎ならではで、ちょっと素朴ながら嬉しいところがある。
本当はかなり広い状態で撮したのだがちょこっと大きくして切り取った画像だ!

これから深い秋に染まっていく。その一瞬一瞬を大事にしたいと思う年代。
ありふれた日々の光景を撮す!

これからも...どって事ない場面もカメラにおさめることになると思う。
その時は何でもないのだが何十年も経つとひょっとして懐かしく貴重なものかも!
孫達が大きくなった頃...その昔の風物詩を見せてやりたい。。。

徳島新聞 掲載 秋香る10/7 10時過ぎに徳島新聞社の取材をうけた。
徳島のミカン処といえば勝浦町。
その勝浦町での初収穫のミカンの便りを紙上に掲載したいとのこと。

そこで!園地紹介では是非とも取材していただきたいところがある!
ウチのお得意さんで市場取引でも品質・味とも良く、高値で取引されている
勝浦町中角の木下照代さん園を推薦した!
とにかくパワフルおばあちゃんです!とても77歳とは思えない!

そして今日の朝刊のトップを飾った!♪
そんな折、今度は四国放送からお声がかかったらしい♪
人気者のスターになってしまったパワフルおばあちゃん♪

そのおばあちゃん曰く!
「こんな歳でも一生懸命作っておいしいみかんを皆さんに食べてもらいたいんじょ」
その誇りと情熱に感服いたします。凄い!


掲載内容

山あいの秋祭り花火大会10/4 20:00 今回も練習がてらに山あいの打ち上げ花火を撮ってみた。
この前よりちょっと撮影になれてきたがまだこれ!と言うポイントがわからない。。。

そしてなにより山あいの秋祭り花火大会は都会の花火大会と違って
限られた空間の中でのうちあげなので素朴と言えば素朴だが迫力は少ない。
しかし、山にこだまする音響も独特の雰囲気で楽しいものだ♪
そんな訳で一個一個を単体で撮ってみたのだが...

場所は勝浦町沼江の黒岩の花火を会社2階から撮影・・・。


山あいの秋祭り花火大会
山あいの秋祭り花火大会
山あいの秋祭り花火大会
山あいの秋祭り花火大会
山あいの秋祭り花火大会
山あいの秋祭り花火大会
山あいの秋祭り花火大会
山あいの秋祭り花火大会

鹿 シカ しか見ノ越に向かう国道438号線の到着手前で鹿を2頭発見!
フロントガラス越しに撮影!1頭は綺麗な角が生えていた。
ガードレールに邪魔されて横に行き場が無く走る走る!

近年、鹿の食害で大事な森林の樹木や草木が枯らされている。。。
困ったものです。
この鹿発見の数十分前にはニホンザルを見つけた。
えらい太った猿でこりゃメタボザルやでと相棒と苦笑い。。。

この頃、剣山系や那賀奥での縦走中に熊も出没しているらしい。。。
猿や鹿は逃げるが熊になるとこりゃ恐ろしい。。。
自然も登山もいいが襲われないよう注意しなければって思うが
バッタリあったらどうしたらエエンだろう(^^;)(^_^;)^^;

剣山-次郎笈 縦走GPS経路今回の登山は剣山(つるぎさん)四国に位置する標高1,955mの山で、
西日本および四国第二の高峰であり、徳島県の最高峰である。
徳島県三好市東祖谷、美馬市木屋平、那賀郡那賀町木沢の間に位置する。
日本百名山の一つ。
別名太郎笈(たろうぎゅう)と呼ばれ、南西側の次郎笈と対峙する。
その次郎笈への縦走後、折り返しはトラバースコースで帰った。
今回も相棒は同級生の辻さんと!


剣山頂上9:20 見ノ越第一駐車場に車を止め登山リフトの下をくぐり
西島駅まで50分登りそこから剣山頂上を目指し40分
刀掛けの松経由で11:15に到着した。
快晴!空気は冷たいがお天気が良く穏やか...いい日に来たものだ。


剣山山頂で記念写真予定では剣山-次郎笈-一の森と行きたかったが
次郎笈往復に変更!この頂上で昼食にして
次郎笈の急勾配に対処のためリュックの重さを軽くした。


次郎笈を目指して剣山山頂からみた次郎笈!
あの真ん中の一番高いところを目指すのだ!

一旦剣山からの急勾配の下り坂を慎重に下りる。
その後平坦が少し続き一気に急勾配の登りとなる!
一面にシコクザサが急勾配の山肌に生息している景色は壮大だ。


次郎笈頂上で記念写真剣山山頂から50分。次郎笈頂上に到達。
座る休憩もなしに立ち見で景色をカメラに収める。


次郎笈から見た剣山次郎笈から見た剣山。
あの頂上からこちらの頂上まで縦走したのだ。
さて、帰りは同じ道もつまらないので
ちょっとトラバースしながら下山することに。。。



三嶺を前にグルッと廻るように下山三嶺山:1893.4 mを前方に見てゆっくりと下る。
いつか行ってみたい山である。そしてその他の山も踏破したい。。。
ここから歩けば三嶺まで7時間。今日は行けない...
さて、ここからの景色も南・西と素晴らしい山々が連なり圧巻の景色です。


下ってきた次郎笈をバックに!今、下ってきた次郎笈が後ろに。。。
トラバースコースの二度見展望で休憩。
相棒の辻(メガネ)さんも疲れがあるものの満足そうである!
西島駅からは遊歩道経由のなだらかな道を下山。
予定どおり16時過ぎに見ノ越第一駐車場に無事帰ってきた。

阪東食品のスダチ果汁搾汁作業現場をお邪魔♪超売れっ子の「有機JAS認定 有機栽培 すだち酢(果汁)150ml」が
在庫不足で製造元の上勝町阪東食品さんにお邪魔しました。
今、収穫されている無農薬のスダチをドンドン搾汁していました。
画像のこの皮も香りよくいつか使える日が来ると思っていたら
なんと!早(はや)!その皮の需要があるという。。。

そして衛生的な環境でこの皮が中の薄皮・種と皮に分離され
清々しいあの爽やかなスダチの香りを残した皮が誕生している!
凄い!コレは今後☆相当期待する分野だ!

さて、帰り際には上勝の栗を茹でていただきました。
ありがとうございました。孫3人が群がり一気に無くなりました。。。(^_^;)

魚釣りの少年!阪東食品さんから戻る時、谷川で魚を釣る少年に出会った!
といっても人形なのだがなぜかリアル!
しばしその手さばきを空想で見て癒してもらいました。。。グッド!

秋祭りの花火大会今夜はこの勝浦町の秋祭りで3ヶ所の地区から恒例の花火が上がった!
久しぶりに花火を撮ってみたくなって出かけたが
ヤッパシ難しい。。。思うように撮れなかった!
手ブレはあるしピントははずれるし...(^^;)
そのうちうまく撮せるようになるだろう。。。と自分を励ます♪



撮影は山から見下ろすポイントから



3ヶ所の打ち上げ花火が見られる山の上から撮りました。




田舎の打ち上げ花火らしい雰囲気です田舎の打ち上げ花火らしい雰囲気です。
手前が星谷大宮八幡宮の花火、奥が棚野水神社の花火。


クライマックス近し!

平成22年度産早生みかん販売開始秋祭りの真っ直中ですが極早生みかんの店頭販売を開始!
今年は猛暑続きで雨も少なくというより・・・
時折...集中豪雨...そしてカラカラ。。。

そんな中小玉のミカンが中心で極早生品種「日南早生」から
収穫が始まった。他にも様々な極早生品種が収穫される。
いよいよみかんシーズン突入である。





一気に咲き始めた曼珠沙華♪赤い花なら 曼珠沙華   阿蘭陀屋敷に 雨が降る
 濡れて泣いてる じゃがたらお春   未練な出船の あゝ鐘が鳴る   ララ鐘が鳴る
http://8.health-life.net/~susa26/ikoi/nagasaki.html

長崎ではないですがここ阿波徳島にも咲き始めました。
曼珠沙華!今日は夕陽のあかりをバックに撮ってみました。

秋が紛れもなく主張しています。。。

生き甲斐を探して

このアーカイブについて

このページには、2010年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

阿波のうまいやっちゃ

阿波のうまいやっちゃトップページ

あぁ徳島の社長ブログ

あぁ、徳島の社長ブログ!

ウェブページ

気象衛星

つなビィ!

トピックス

2015年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Powered by Movable Type 4.381